青汁とグリーンスムージーって一体どんな違いがあるの?

健康ブームが最近日本では起こっており、色々な食べ物が勧められていますよね。
その中でも人気な青汁とグリーンスムージー、この2つには一体どんな違いがあるのでしょうか。
1.青汁とは何か
青汁は、文字通り、緑の野菜(特に緑の葉)を使った飲み物となります。
代表的なものは、日本ではなかなか手に入らない野菜でもあるケール、大麦若葉などが挙げられます。
もちろん、ご自身で作ることは可能ですが、一般的には、粉末になって売られています。
ですので、飲み物としてそのまま飲んだり、牛乳や豆乳などとミックスしても構わないのですが、ヨーグルトなどにかけて食べられる方も多いです。
2.グリーンスムージーとは何か
グリーンスムージーというのは、野菜だけでなく、果物も入っているので、それが、グリーンスムージーと青汁の大きな違いとなります。
ですので、比較的青汁よりも飲みやすいという特徴を持つのが、グリーンスムージーです。
しかも、この果物が、他に使われている野菜よりもポイントとなっています。
青汁よりも甘みがあるのが特徴で、粉末ではなく、基本的にはご自身で毎回飲むたびに作るものとなっています。
3.青汁とグリーンスムージー、それぞれどんな人におすすめか
では、それぞれどんな人におすすめする飲み物かというと、まずは、青汁です。
青汁の効能として、多くの食物繊維を含んでいるので、便秘で悩む方は多いですよね。
そういった人たちにぴったりですし、鉄分も多いので、特に、妊婦さんで貧血になる方は多いですが、そういった方にもおすすめです。
ただし、飲み過ぎは体に負担をかけるものとなるので、規定の量を守るようにしましょう。
そして、グリーンスムージーですが、こちらは、アンチエイジング効果があります。
そのため、お肌をきれいにキープしたい女性には特におすすめですし、こちらも食物繊維豊富なので、便秘がちな方、さらに、ごはんに置き換えらえるので、ダイエットしたい方におすすめです。
青汁とグリーンスムージーの違いを知って、用途に合わせた飲み方をしましょう。

投稿日: